天と無智
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働意識シリーズ1-日本における雇用上の欠陥ゆえに発生する派生問題と救えたかもしれない命
<耐震偽造>全従業員を解雇 経営破たんの木村建設 

 経営破たんした「木村建設」(熊本県八代市=木村盛好社長)は全従業員約180人を解雇した。裏金づくりに協力させるなど姉歯秀次1級建築士との不透明な関係が取りざたされる東京支店長も解雇されたが、役員にはとどまる。同社は早ければ月内にも熊本地裁に破産を申し立てる。
 姉歯建築士に構造計算を依頼していた同社は急速な信用低下で、21日に手形不渡りを出し資金繰りが悪化。同社代理人弁護士によると、従業員の1カ月分の給料を払うのがやっとといい、債権者に配分する資金確保などのためから、破産申し立てを前に25日付で全従業員を解雇した。【山田宏太郎】
(毎日新聞) - 11月27日21時4分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051127-00000066-mai-soci


<耐震偽造>姉歯に発注の設計事務所社長が自殺?

 26日午前11時半ごろ、神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1の鎌倉海浜公園のがけ下の波打ち際で、男性がうつぶせに浮いているのをサーフィンをしていた男性会社員(48)が見つけ通報した。神奈川県警鎌倉署員が駆けつけたが、すでに死亡していた。
 調べでは、男性は姉歯建築設計事務所に構造計算書を発注していた東京都狛江市、森田設計事務所(同世田谷区)の森田信秀社長(55)で、24日朝に出かけたまま行方不明になり、家族から警視庁調布署に捜索願が出されていた。鎌倉署は自殺とみて調べている。遺書などは見つかっていないという。
 森田設計事務所が発注した構造計算書では、横浜市と神奈川県藤沢市のマンションで偽造が判明。22日に東京都の立ち入り検査を受けていた。同事務所は「偽造には関与していない。構造計算は建築主が直接、姉歯と契約した」と話していた。【金沢盛栄、堀智行】

(毎日新聞) - 11月26日20時39分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051126-00000086-mai-soci



今回の事件は、浅田農産の鳥インフルエンザ事件とかぶって見えます。

とうとう出さなくてもいい被害者も出てしまいました。
従業員解雇も出てしまいました。

今回一番指摘したいのが、過去の事件の教訓がまったく活かされていない事に政府のふがいなさと憤りを感じるわけですわ。結果的にはね。

犯罪の目を事前に摘み取る事も政府の役目とは言いませんが、政府にはそれをやってのけるだけの権限も権力もあるわけですわ。
それをみすみす見逃したのは時の首相と断言できちゃいます。

今回の耐震性偽造問題、ギャンブルにおける賭けに関しては偽造に関与した人間が負けたわけですわね。
それ事体は まあ事実ですから事実ですね。

どうして危ない橋を渡ってまでギャンブルしたかという事に関しては、
それだけ相応のうまみがあるからと言わざるえません。
さらに、近年の地震の発生率を考慮すると十分すぎるほどギャンブル投資をする価値があったと考えられなくもありません。

これを見ている人がどう思おうが、現実問題として事実あるわけですわ。
ようするに企業の暴走に対して、外部から抑制する効力もないし、仕組みもなく すべて企業まかせと言う事ですわ。

企業は社会の円滑・効率化を果たす事が求められますが、それとて国のバックサポートがあるからこそ機能するわけです。
本来、国の役目は企業の公正・公平な取り引きを遵守し見守るべき立場にあります。
そのどちらも機能していないと言えます。
政府調で言う自己責任の範囲というやつですわ。

どこでどうボタンの掛け違いによる企業の不祥事が相次いだか考える必要があります。
政府流に言うと、「不況だから」「モラルが…」「自己責任が…」「調査中」って所ですが、肝要な問題定義はされてません。

一時期話題?になった「告発者」という言葉がありますが、この告発者を善と見るか悪と見るかで話題になったかどうか覚えてませんが、見方によって意見が変わります。

一般人観点で判断した場合、告発者は善と受け止められます。
同僚視点で判断した場合、善とも悪とも受け止める事が出来ます。
告発して、企業が潰れでもしたら路頭に迷うのは従業者たちです。
それがわかっているからこそ、告発者も真実をさらけ出す告発に勇気が必要なわけです。これは記憶に新しい雪印事件ですね。

その雪印も再建途中という感じですかね?
関係はないけど、ぜひともがんばって再建してもらいたいものです。
ひた向きにがんばっている企業は小生好きですんで、買い物なんかでつい見かけたりすると買ったりしたこともありましたね。
(べ、べつに特売でコーヒー牛乳が他社と比べて40円も安かったからとかそんなんではないですよ。、いや、まじですよ。信じてください。500ml100円だったからとかそんなんじゃないですってば!Orz)

…何の話でしたっけ?

そうそう、告発者ね。

この告発者視点から今の日本の雇用の仕組みに触れてみたいと思います。
この問題の延長に今あるニート・フリーター問題があると先に申しておきます。

今から言う事を考えて想像して下さい。

時代は2000年11月。
あなたはとある有名な企業の社員です。年収1200万円。
あなたは3人の子供を持つ親です。(男女といません。)
ある時、事務で伝票チェックをしていた時に、明らかに自分の部署内の事実とは異なる処理結果が発見されました。

-中略-

わ、私は、見てしまった。
研究所でおぞましい実験が行われているのを…。

-中略-

朝起きたて 背中かいむしたら肉がくさりおちやがた いたい 俺のからだどなってる。

-中略-

かゆ うま

飼育員の日記より


わー、すんません。まじめにやります。
ようするに、不正なり、自分の信念を捻じ曲げられるフラグが立ったと思ってください。今は不況の真っ只中。
あなたはどうしますか?

よっぽどのバカじゃない限り、黙り込むでしょ?
小生は見て見ぬふりしますね。

理由はほかでもない。
今の世の中、身の振り方を変え直すには、ポジティヴ思考でもなければ正直辛いわけです。一度職を失えば転落人生まっさかさま。
まっ、運の要素もありますが、運に左右されすぎる今の世の中ちょっとね。

わざわざ、正義を貫いても たいして意味も名誉もありません。
危ない橋を渡るぐらいなら保身でもなんでもいいからだんまり決め込むでしょうね。いわゆる政治家とは違いますから、民間人は。


今の日本に告発者を守る制度も設備もありません。
だから不祥事が絶えないという見方もできます。
なにより、不祥事を波打ち際で防止する仕組みがない事に疑問を感じざるえませーん。
雪印が初見でしたので大騒ぎになりましたけど、あれだって告発者を守る明確な仕組みやルールがあれば問題なかったし、企業を存亡の危機にまで追いやることもなかったかもしれません。
ぶっちゃけ、たったひとつ正義を守る法律を作れば、不正を抑止する効力は充分あるはずです。これに関しては別でまた。

それとは別に即席性に富んだ不正を抑制する効果がありそうなのが、
ひとつは罪の厳罰化による抑制。
これは政府の得意とする分野なんですが、大企業には甘い事から無理でしょうな。まあ、不祥事の原因の一つですな。

もうひとつは、雇用の仕組みですかね。
ニート・フリーターの原因・問題化してるやつですね。

人が働く上で必要なものはなんでしょう?
夢ですか?
ちがいますね。

楽しみですね。
労働という環境には、学校教育にはない知識の宝庫があります。
まず、これ大事。

と同時に求められるのが、働く意欲。
今風に解釈されると 分が悪いですが、意欲というのはチャレンジ精神の事です。とりあえずチャレンジしてみようという軽いノリが必要です。

その後に来るのが夢ですわ。
仕事を知り、社会を知れば自ずと夢が芽生えてきます。

今風の発想や杉村議員の発想とは逆のパターンですかね。

今のように学歴や職歴に左右され、規制を受けると、発想する力もクリエイティヴな考えも抱く前につぶされます。
若者に対して 「夢がないだの」「やる気がないだの」と政府関係者はおっしゃいますが、これらの問題にたいして若者は、現実的な壁というものを肌で感じているからこそ、直視しているからこそ悩みあぐねているわけですわ。
別に若者に限定するつもりはありません。
今あるすべての問題。
ニート・フリーター・ホームレス・障害者すべてに当てはまります。

現実の壁を作っているのは政府・政治屋達だと思っています。
弱者的立場の人が、なぜ行動に移せないか、なぜ立ち止まるのか、
実際に壁を作っているのは本人たちだと政治屋は言い放つが、本当にそうだかな?
それにたいして手を差し伸べるなりなんなりするなら、まだましだろうが、
言うに事欠いて「自己責任」「人生いろいろ」とか抜かす奴は勘弁ならんわけですわ。

現実を観るという事に関しては、政府関係者よりも国民の方がはっきりと理解していると思う。
そうでなければ、ここまで不祥事が拡大する事もないし、今あるニート・フリーター問題も大きくはならなかったと思う。
先見性に富む政治家が聞いてあきれる。
きゃつらが見ているのは、自分の懐具合って所かしらね。

長くなったので、ひとまず休憩しまーす。

byね子のブリブリーン(次回はこの続きで)
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/10-367c3eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。