天と無智
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルーリカバーとソウルキャリバー
まあ、年齢に似合わず格闘ゲーム好きというよりもゲーム好きな小生ですが、かれこれ20年ぐらいになりますかね。
ファミリーコンピュータが出て…。

昔はネットとかもなくて、口コミとか情報誌頼りだったわけだけど、それはそれで安心感がありました。

昨今、情報の急速な進化によって、一般的には知り得にくい情報も個人ベースで知る事が出来るようになって、それはそれで安心感はありますが、それ以上に不安感の方が強くなりました。


別にヘビーユーザーのみを限定するわけではないが、いわゆるババを掴まされる可能性が非常に高いゲーム業界。
と言うのも、完全版とかディレクターズカットとか、インターナショナルとか、ダンジョン追加版とかを平気で出して来たり、挙句の果てに独占供給と言いながら、舌のね乾かずマルチプラット戦略に切り替えたりと、とにかくユーザーを困らせる企業が多くなって困りますわ。
じゃあ、最初の無印版(ノーマル版の意)を購入した人はなんなのか?
ユーザーの気持ちを考えた事があるのかと言いたいわけ。

最近の企業は、ユーザーサイドに事を進めるより、経営者サイドで物事を進める輩が多すぎる。

中には、無印購入者に対する配慮に長けた企業もある。
シャドウハーツのアルゼさんは結構有名。
任天堂も64でコンシューマの座を奪われてからは、だいぶユーザーに配慮するようになったかなと思うね。
最近出たとあるソフトの記憶装置バグに対する処置も早かった事などからユーザーを大事にしているというのは分かる。

同じ事を二度言うつもりはないけど、それに関してちょと。
格闘ゲーム好きの小生は、えと…なんだっけ?
ほら、あれだ…鉄拳とかリカバーをスルーした…えと、なんだっけ?
最近ボケ気味で忘れたが、そのソウルキャリバーを販売したヒュムコ?
あれ?マジで忘れた。ヒュムコは某掲示板の呼び名か…。あれ?ヒューザー?
あれ?あれれ?

まあ、いいや。
そのナムコさんが正式にスルーリカバー3のコメントを出してたね。
http://namco-ch.net/policy/info/20051202.php

(´・д・`)あ、あんまりだ。

【 回避措置 】
メモリーカードに「ソウルキャリバーIII」のセーブデータが保存された状態で、他ゲームのセーブデータの削除、移動、上書きセーブ等を行われなければ、当該現象は発生いたしません。



別にこの事に対して何も言わないけどさ。

小生にとっては、鉄拳も5で一応の終わりを見たし、スルーリカバーも今回の件で一応納得いったかな。

関係無いけど、もともと2のブロッキングもどきのGインパクト以上のスーパーGインパクト(ジャストGインパクト?)に対しての反応の厳しさにも参っていたから今回の件は見限りとしては丁度いいかなと。
ジャストフレーム型のガードインパクトの入力受け付けフレームがどの程度あるのか知りませんが、正直スト3のガードブロッキング(2フレ)並の視認を求められると実用性に耐えられません。
形勢逆転の意味とリスクとリターンとの釣り合いが充分でない気がします。
要するにニュータイプの領域って感じが、努力の無意味さを悟らせているようでゲンナジー・アイ・コズイレフ。(あれ?ジャオームの操者ってゲンナジーなんだっけ?)
言っておくけど、スト3の赤ブロにはちゃんと意味がある。
闇雲なジャストインパクトとは違い、きちんとした駆け引きがあるし、十分な実用性とリスクとリターンが釣り合っている。
ここ一番の駆け引きに赤ブロは使えるけど、スルーリカバーシリーズは見た目の反応がきびしいぐらいに小生はへたれですわ。
基本的には2ぐらいの反応が限界ギリギリ…と思われるので、実践で使い物にならないようなブロッキングにはどうもゲンナリしてしまうんですわ。
まぐれで出せて、まぐれで勝ててもうれしくないし、腕を鍛えるには少々システムがややこしいかな。ナングセつけたくなるぐらいには、ソウルキャリバーというゲームは完成されたゲームだったと思うだけに、今回の件はちょっと残念です。

鉄拳の見限りも、元はと言えば破綻したストーリーかな。
ソウルと違って見た目から入ってますけど、さらに追い討ちをかけたのがシステム。
たしかに鉄拳らしさのある大味感がいまさら嫌だったわけ。
グラフィックも3の焼きまわしっぽいのが嫌でした。
そのせいで4の存在が黒歴史となってしまったぽさ。
4は割と地味でしたが、リアル志向で好きだったけどなぁ。
難易度激ムズの三神拳や真竜王とか、極めがいがあって良かったよ。

話を戻すけど、重大バグ放置もそうだけど、格闘として完成されていた2を下回るような下手なバグを残していることにも疑問を感じるね。
重大バグ機嫌半減、格闘部分の些細なバグ機嫌半減となれば、購入対象外確定ではないか。


う~ん、やっぱり3というのはシリーズ物の鬼門なのかしら?
あれ?でもそんな事ない?
スト3はあれだったけど、スト3の三作目のサードは究極だし、
民ゴル3も良かったし、鉄拳3もいがった。
FC版ダブルドラゴン3も改めて見ると実はすごい?
3が鬼門なのは気のせい?


ゲームで日本を席巻していたのも今は昔ですか?
市場はどんどん欧米北米・日本を除くアジアに移譲している気がしないでもない?
まっ、別にいいけどね。そもそも、こんな歳でゲーム好きなんておかしいし。
最近趣味にしているビアトープ系や菜園系の方が歳相応か?
うん、渋くてヨイヨイ。
ゲームはそろそろ撤退かね?
これからゲーム市場は対象年齢上がってくるだろうな。

オレオレ詐欺にかからないシミュレーションゲームとか流行らない?
わははは。もう、アホかと。

byパープルシャドウのアルバート・ベーコン枢機卿
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/17-83e0c41c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。