天と無智
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事に無気力の訳は、裏を返すと肌に合わない仕組みによるところ
<社員調査>仕事に無気力…20~30代の75%

 上場企業の20~30代の正社員の4分の3が「現在の仕事に無気力を感じている」ことが5日、野村総合研究所の「仕事に対するモチベーションに関する調査」で分かった。仕事に社会的な意義を感じていない若手社員は3割以上、転職希望者も4割以上に達しており、同社は「若者の働くモチベーションを再生することが企業の今後の競争力アップにつながる」と分析している。
 今年10月にインターネットを通じて男女1000人から調査した。仕事に対する無気力を「よく感じる」のは16.1%、「ときどき感じる」が58.9%で、計75.0%が仕事に無気力を感じていた。転職や独立については、「機会があればすぐにでも」が18.7%、「3年以内」が13.0%、「あと5年ぐらい勤めたい」(12・3%)を合わせると、44.0%が転職を希望している。「現在の仕事に社会的な使命感を感じない」と答える人も31・7%に達した。
 一方、やりがいを感じる仕事については「報酬が高い」ことが29.0%でトップ。お金以外では、「仕事自体の面白さや刺激」(44.5%)、「同僚や後輩から信頼されたり感謝されること」(35.0%)を重視している。
 同社は「フリーターやニートは2010年までますます増加するとされている」とし、仕事の動機付けにつながる使命感の確立や若手社員が自分を試せる機会の準備など、「企業側の対策が必要だ」と提言している。【栗田亨】

(毎日新聞) - 12月5日22時5分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051205-00000107-mai-bus_all



さてと…どう突っ込むか…。

政府流に解釈すれば、企業側の自助努力が足りない事がモチベーション低下を招いていると言いたいわけだし、記事もそういう傾向に見て取れる。

で、モチベーションを下げている原因は企業側の自助努力が足りないからかというと そうではないとはっきり言える。

そもそもに置いてモチベーションが低下する大きな理由は、過剰労働・過剰な責任(プレッシャー)によるところであろう。


では、なぜ今になって表面化したかがポイントなのだが、バブルに沸いていた時代と今を比較すると分かりやすい。

バブルにあって、今にないものは何か?
ひとつは、企業のバックアップ支援!
ひとつは、企業と従業員の関係!
ひとつは、努力相応?の待遇!
が挙げられる。

追記すると、過剰労働が近年に比べてややも緩やかであった事も挙げられる。

人や役職によっては多少のバラツキもあろうが、とどのつまりはそういうことである。

他国と比較して日本人は勤勉であり、働きすぎる傾向にあるとよく言われ、政府も見直しによる過剰労働に対する表向き抑制しているが、裏では平気で行われ、政府も暗黙して認めているのが現状だ。

よっぽどの奇特な方か、事業者またそれに付随する関係者以外は、仕事に対して自主性よりも強制という意味に捉える人の方が圧倒的に多い。
どうしてそういう考えなのかと言うと、いわゆる現場に出て働く人間と書面を通してしか判断しない人間との間に生まれる誤解や軋轢による意識の違いである。
特に近年、その傾向が顕著に表れているのは、チンケ(HNK)JR・三菱自動・雪印・偽造耐震その他もろもろの不祥事から見てとれるだろう。
表面下している所はすべて大企業であり、また水面下ではこういう不祥事となりうる原因が野放しになっているのもあるわけだ。

不祥事と分かりつつも歯止めが掛けられないのは、今の労働に対する仕組みや政策に問題があるわけだ。
言い方を変えると、今の労働環境は日本には沿わないわけだ。

ニートだのフリーターだのと、わざわざ労働問題を狭めて考える当たりからして愚策としか言えない。
もしもの話で、ニート・フリーターという問題が解決するとしたなら、その時は恐らく働く側のモチベーションは限りなく上がっている事だと言っておく。

当事者達に関わらず、こういうニュースが毎日毎夜の如く放送されつづければ、見る方もたまったものではない。
ようするに潜在的な刷り込みによってモチベーションを下げているわけであり、下げる直接的な原因を作っているのはマスゴミである。

ワンチャンス・アゲイン!
一般企業のモラル低下によって、昔ほど企業に対して夢を抱く人間は少ない。
夢を見て入社を決めるような輩はアマちゃんと言うほかない。
逆に現実とのギャップを知っている人間ほど、淡い期待感は持たずに、半ば惰性に近い感情で働いたりする。

「仕方なしに」「リストラに遭うよりまし」「今の世の中就職口はない」「社会が開けていない」「手に職もなければ、資格もないから無理だ」「一度ホームレスに転落するとなかなか仕事にすらありつけない」

一般的に保守的になりすぎて、自身の考えを無意識に封じ込めるようになる。
ようするに風通しが悪いと言われる所以である。
そういう環境を内部で作り出している直接的な原因は企業にあるかもしれないが、間接的には政府が原因と言わざるえない事実がある。

過剰なまでの労働と責任を課すわりには 利と言う面においてはさっぱりしない所なども眉唾ものである。(これは個人個人の考えなので一概には言えないが…。)

まとめると、無意識にモチベーションを下げるきっかけを作っているのは、マスゴミ各社による情報によるところであり、それによって発生する刷り込みによるところも否定できない事。
あとは、自社内部における個人の発言力による。


事の大小に関わらず、今の労働環境は決して良いとは言えない。
別に待遇が悪いとか人使いが荒いという些末な事ではない。

話は変わるけど、終身雇用が崩壊した…と言われるが、別に崩壊したわけではない。国が政府が面と向かって終身雇用廃止を謡ったわけではない。
単にリストラによる人減らしが横行した事から、終身雇用制度が揺らいだだけの話であるが、政府は勝手な思いこみによる強行姿勢をとり始めている。

終身雇用ではなくなったから、パートやアルバイトにも それ相応の所得控除を見直そうとしていたりする。
不本意にもそういう流れ(フリーターパート増)が出来てしまったのは、ほかならぬアホ政府の無施策が原因なわけだが、それを民意と受けとって改革を断行しようとするところにアホさを通り越してクソの肥やしにもなりゃしない。

政府「フリーターやパートが増えたのは、縛られずに自由に働く若者が増えた!これを民意と受け取り、より働きやすい環境を改革していく!」って所かしら?

この意味を二通りに解釈出来る。
ひとつは文字通りの意味。ちなみに具体性に欠けるのは政府らしさを強調してみた。
二つ目は、体の良い言葉の裏返し。これらの問題は時流によって発生したモノであり、自然な流れから来た物。要するにその延長線を貫くというもの。
どう言う事かというと、改善する面は所得なりの税金引き上げであって、肝心要の労働環境に関しては流れのままにである。要するに手をつけないって事。

建前が前者で、本音が後者であると言う事。
政府には改革するだけの力は残っていないわけだ。

その発言に裏打ちするかのような記事がある。
竹中ひらぞう大臣のHPには、それに関することが掲載されている。

問題をそのまま放置してありのまま受け入れようとしているのが今の政府であり、それに伴う代償は 自助努力・自己責任に終始する。
ただし、自分らの取り分(血税)は万事ぬかりなしだ。


竹中ひらぞう大臣公認のHPの記事の政治に絡めた雇用概念の消滅には反対だが、雇用概念の消滅事体は賛成できるし、むしろ、そういう流れにきているのも事実だ。
少なくともモチベーションや企業倫理に照らし合わせると 避けて通れないのかもしれない。
要するにひとりの人間を単なる従業者に見立てるのではなく、あくまで一社会人として見立てる仕組みを作る事。
間違いをはっきり主張できる環境が今の日本には足りないわけだ。

当然、ガラッと変わる印象に戸惑いもある。
ひとりひとりの人権までも擁護するつもりもないし、企業側経営者にすれば、下手な人権擁護は働かせる上で支障にしかならない。
そこは割り切りという形で従業者には従業者なりの態度で臨んでもらうのは否定しないし、むしろそちらの方が好都合である。

さっぱりとした関係を築きながらも従業者自らが目となり不正を正す。
企業に傾倒した思考よりも より明確な意思思考によって働き手のモチベーションも上がる。
技術の継承に関しても、石の上にも3年のように明確なレベルによる打ち分けによる職業レベルを国が設ける事で働き手の職業レベルの差別化を図れるねらいもある。人を育てる役目はやはり企業が行うべきで、現場のノウハウを得る事でレベルアップによるスキル向上や自らが事業家としても踏み出せるわけだ。

もうひとつ、国が設けるのには理由があり、昨今の国に対する不信感の解消と威厳や尊大感を復活させるねらいである。


原因がわかってて、現状に甘んじるようなら政治家もクソ制不もいらないわけで、今ある問題が増加するのを食い止める方法論を企業だけに押し付けるのならば、やはり政治家もクソ制不もいらない。

こういう ある意味正しいが、提言としては稚拙で身勝手な印象しか与えない野村総合研究所は面白みに欠く。

ニトフリ問題も企業間や個人の手に負える問題でないところまで発展しているのは誰もが理解しているはず。
だとするのならば、企業努力を求める前に 改革を断行できる国・与党が責任を持って努力するべきなのだが、どうもそれも期待ができない。

当の杉村議員は、自分でニトフリの気持ちが分かるとか、紙一重ニート発言を繰り返している割には、当事者の声が聞きたいと言うし、疑問視せざるえない。
それでも、努力している印象はあるので、他の議員様よりも期待は持てるが、裏を返すと若者の浮動票集めのブベ幹事長のシナリオによるパフォーマンスでしかないとも取れる。
実際に、杉村議員の力だけで解決するような問題なら問題にはならないわけだし。

本当に改革に当たってニトフリ問題を解決するときには、自身の首を締めるという代償が付くという覚悟が議員様にはいるということ。

それがニトフリ改革の前提となる。
そうなると改革なんて無理な話なのだが。

では、アランオイアス~。
スポンサーサイト

テーマ:働き方 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/21-175081b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

若手社員の75%が「無気力」

野村総合研究所が行なった「仕事に対するモチベーション(やる気)に関する調査」で、上場企業の若手社員の75%が仕事に気力が出ず、成長の実感もない。という結果が出た。 北の国から徒然日記【2005/12/06 09:41】

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。