天と無智
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働意識シリーズ4-「手取り25万円の社員意識を変える」 に潜むマナ
さて、社員意識は子供や学生の意識と比べれば立派なものだが、実はこの意識もあまりほめられたものではない。社員意識の社員は 「労働を売って対価を得る」 という考え方をする。言われた事はするが言われないと何もしない。
規定時間以上に仕事をするのは損だと思っている。
楽な仕事をしたがる。キツイ仕事や難しいは避ける。自分のものは大事にするが、会社の物品は粗略に扱う。困難に直面するとマイナス思考で逃げる。
会社が期待する将来有望な社員ではない。



一応全10回ほどに分けて書いた後に、個人的な尺の見方で感想を書いたのちに今すなわち現実における問題とを照らし合わせながら 何が良くて何が悪いのかまでを整理したいと思う。

ニート・フリーター問題の端を発する何かがあるから…。
ついでに言うと 現状の日本から見るとこのニトフリ問題は些細な問題なのだが、バブル官僚から見ると大きな問題に見えるようだ。

これは利権の意味合いというよりも、ちょっとした客観ベースで観立てた場合によく分かることで、バブルの時代にニトフリの存在が大きく比重を占めるようなことがあったのならば、日本バブルに大きな影を差したかもしれない。
この部分は自分の勝手な解釈というよりは、想像の域を脱しない極めて不明瞭で書けない。
なので、想像によって書いているが 少なくともニトフリが絶対に良いわけはないことから逆算の意味で書いたわけだ。

行き付くところは、政治家や官僚の私服のマネーが目減りするという懸念材料が残ることから危機感を挙げていると言っても過言ではないか。


とりあえず、ニトフリ問題が解決しなければ、ホームレスも身体障害者支援もままならないわけであること。

事 生きるという意味において 絶対にはずせない働くという事。
働くという事は 生きるという事 心の拠り所となる事 精神的にも肉体的にも充実感を得られるという事。

障害者自殺支援法案といわれる その訳は まさにこれら上記の意味を解していないがゆえに言われている事。
その事実を理解できないのは政治家ゆえの欠点だからと言える。


byA7M2型3体のうちのひとつ Denver
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/26-4c25c9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。