天と無智
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生歴詐称
ちょうど良い機会だ。

小生の小生のプロフィールをちょい公開しようか。
小生と言われても誰のことか皆目見当もつかないのは、管理している関係上部外者から見ると特定しにくい。
小生という言葉使いも小生以外にもうひとり小生がいるから。
それはどうでもいいとして。

プロフィール

name:小生一号
職歴:チョメチョメ
年収800+副-250~1300
年:38
sex:Male
性格:孤高の求道者かつ針の穴ほどの精確さを要す。
スタンドタイプは接近パワー型もしくは強化型の念、ようするに直情型。
過去の職歴:工場勤務から飲食勤務に転向、大手宝石業界に転移し、個人経営のネットワーク会社に勤めるも不況の煽りで転覆、のちに公の機関の教員になるも いまはチョメチョメに転向今に至る。

あーいやだいやだ。
これ以上個を特定されそうな情報は控えよう。

ちなみに副とあるのは、よくあるバクチに相当するもの。
なにかまでは公言しない。

ここで問題なのがこの生き様をどう捉えるのかは人それぞれとして証拠はなにもない。
要するに偽っている可能性もあるということだ。
その事を他人がどう思うが知ったこっちゃないね。


言うなれば社会に対しての適合者というのは、こういうずるい面も持ち合わせてなくては生き残れないわけだ。
だから、詐称や詐欺行為は だまされる方が悪い とはっきり言いきれる。
騙された方は自己責任だ!ともはっきり言える。

偽る事で本質とはかけ離れた場所に意識を移すやり方が詐欺まがいの行為である。例えばマルチン。
うま~い話には裏があるでぇ~。
マルチンマルチンマルチンチンの歌で有名な、蒙古破極道!AAAA?
*ちなみに蒙古~はワールドヒーローズのJ・カーンだな。は?
えと、マルチな。

この商品売ったら設けがこんだけ入るんねん。って奴。
その為にはある程度、その会社に貢献するというのが前提であり、
その貢献度合いを示すために高額商品を買うという前提がある。
100万円の商品なら、利権5パーセントのブルーパンセ。
500万円なら、利権15パーセントのシルバーパンセ。
1000万円なら、利権25パーセントのゴールドパンセ。
1億円なら、利権50パーセント+優良会員資格として年率1パーセントが君のもののプラチナパンセ。などなど。

別にどこの事とは言いませんが、絵画来い!新しい路達!
ちなみに今その会社がどうなっているのか知りませんが、株式上場云々言ってたけど今だその気配なしか。

ところで、高慢党のこれもそれに近いんじゃない?

どちらも言える事が、一度足を突っ込むと抜け出せない底無し沼だということ。必要以上に自他ともに傷をつけるということ。

ちなみに そうまでしてハマル理由はなにかを教えておこう。
これは第一に引くに引けない事体に陥ること。
先ほど挙げた利権がらみの話。

例えば、1000万円の利権を得た場合に、元を取るまでに勧誘しなければならない数が、同額の1000万円の商品を買わせた場合において算出すると、
同額の1000万を一枚売ると25パーセントの250万が手に入る。
とすると4枚売れば元は取れる計算だが、ねず講のややこしいところが、ここで4枚売るということは、同じ人を対象にした場合を除いて4人下につける計算だ。
仮に二人下につけた場合において、道順序を踏みつづけると15~16代目で終了する計算だ。(たしか)
4人の場合は、日本人口限界までに達する期間が短くなるし、自分が何代目かで大きく変わる。

世の中にはリピーターというのがあるので、一概には締めくくれないのがマルチの恐ろしいところだが、それ以上に高額商品を売る方がかなり難しいのと、マルチン商品は一般的には取り引きがされていない商品が大半なので、言い方を変えると市場の適性価格が分からないという縄もある。

ちなみに勧誘する側も最初は勧誘される側の人間である。
うまいものに騙されるか、仕方なしか分からないが、一度勧誘された側になると その人間の心理は正常範囲にはない、社会人マニュアル向けの文部省推奨のマニュアル操作によって洗脳されるわけだ。

特にこの手の人間のマニュアル事情は文部省もびっくりな適正者だと思われる。ようするに裏切りがない!という意味で従順かつ奴隷という見方がされる。

勧誘する者に成り代わった人間は、その商品そのものに魅了されるのではなくて高額な配当に目を奪われてしまうわけだが、表向きはその商品をひた向きにPRする。
内心、どうあっても元は取り戻すぞ!という活き込みだが。

アホ生不関係者に提言、だらしのないと言われるニトフリ達を マルチに勧誘させれば市場は積極化するし問題も解消されるぞ!といっておく。


ここから本題に入るけど…、
今の日本において詐欺詐称は、社会において暗黙の領域として半ば認められているといえる。この思考が正常か異常かは各自で判断されたし。
特に生不もそういうところは黙認しているし。
あのブベ幹事長も「悪者探しはやめれ!ボケ!」発言したぐらいには、あまり中身をつっつかれると良くない事情があると思われ。

それはさておき、とにかくこの先生きのこるには避けられない常套手段なのである。
そして、今言った ”この先生きのこる”
この 先生 きのこる

先生!そう、本題に入る先生!

塾の講師であり、ケツの青い学生講師!

正直な話、このニュースをあまり知らない。
断片的に分かっていることが、以前にも何かしらやんちゃを犯した前科者だったこと。
それを見抜けなかった学校側と塾側。というよりも双方に協調関係が築けなかったこと。
普通に考えて築けるはずもない事なので、この点を追求するのはイノセンスもといナノセンスもといナンセンス。

それとも学校側は、学業が本分の学生にアルバイト講師を派遣でもしていたのだろうか?

大学の分際で、わざわざバイトするのに許可証なんぞ必要はないし、大学生のアルバイト喫煙禁止なんて聞いた事もなけりゃ、実施された試しもない。
こと大学内における20未満の喫煙も普通に行われる始末。
それは別にいいんだけどね。
大人の勝手な都合に振り回す権利はないわけだしよ。
特にアホ生不が勝手にやってるてだけならことさらだ。


なかなか本質に迫れないので、ずばり!

学歴とはなんぞや?

教わる方にも教える方にも 学歴という漠然とした言葉、まさに永遠の真理という奴ですかな?
まったく同じ学歴の持ち主が100人いたとして、全員が全員同じかというとそうではない。
当然、その中で築き上げられる性格・アプローチに差が出てくるのは人間ゆえのもの。

だけど、社会が求めるものは性格やアプローチではなく見た目の学歴を偏重しようとするところ。

逆に、学歴は天と地ほどの差があれど、性格やアプローチが同じ人間もいたりする。だけど、すべては学歴が偏重される。当然、同じ土台としてアプローチが出来ない環境下では学歴に左右されすぎるのでフェアとは言えない。

もっとも、それは学歴に甘んじた奴の責任とするのならば なにも言う事はないが…。この意味は政府流と解釈してくれたんで結構。


人間の本来の自我に目覚めるタイミングはさまざまである。
この自我が希望か絶望かによって その人間の人生そのものすらも変えてしまう。
ちなみに今日本に蔓延しているのは後者。
理由はいわずもがな。


教師という職業は 他の職業よりも大変な仕事なのは 現場を見てきた者の目から言わせてもらうとよく分かる。

ひとりの生徒に力を入れすぎても駄目だし、注意力が散漫としてしまうような注意力も気をつけなければならない。
授業外における事後処理も結構な量である。
ネットワーク情報化社会における情報の伝達スピードの速さは 時として指導者を困らせるほどでもある。

小生に言わせれば、今の文部省のやり方は駄目だこりゃ~。
本質的な教育方針が20年前となんら変わりがない。
ゆとりだろうが なんだろうが 取り組みかたの本質そのものが分からなければ意味はない。

特にこれまで通りの学習方法で良いと思えるのは小学生もしくは中学生までかなと思う。
義務教育だからという訳の分からん理論はさしおいてだ、学ぶものにとっての学ぶ事の意味を発掘させなければ意味はない。

子供の知識の吸収スピードはかなり速い。
ネット社会がそれを加速させたのは言うまでもない事実だ。
それを踏まえると 今の教育方法がいかに遅れているか あながち間違いとも言えない。
学生らしさとか、それが性分と決め付けて蓋をする重圧が 現場で学ぶ本人らに多少なりとも影響があるのならば ほうって置けない事体だというのは理解できるだろうか?

そして それ以上に 現場の緊張感を持って授業を行う教師の重圧は 想像を絶するものだと思うね。
こんな感情は、政治屋には一生理解できない問題なんだろうなぁ。

もち、塾講師とて同じである事。
その重圧の重さは、真面目に考えれば考えるほど冷たく重くのしかかる。

どういう経緯で今回の事件が起きたのか しばらく見守る必要がありそうだ。

ちなみに小生が載せたプロフィール。
ありゃ、うそだ。
どこまでがウソかは教えない。
これが詐称という奴だ。

では、アランオイアス~。
スポンサーサイト

テーマ:就活下準備 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/27-0c82128b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。