天と無智
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが身のためなら何をしてもかまわない現実
う~ん。ここ数日、ずっと姉歯関連ばっかだ。
最初歯科医師の姉さんとか 訳わからず思ったものだ。

さてと、多いね。企業の不祥事。
過去にさかのぼれば、雪印、三菱自動、JR、明治安田とかいろいろ。
ただ、今回の場合はちょっと話がややこしいのが責任の所在がはっきりしないこと。
言い方を変えると、巧妙な手口で、詐欺のソレに似てるかなとか思ったり。

政府調に言えば、これらの問題はすべて「モラルが足りん!」なわけですが、これで片付けてしまうからこそ、後を絶たないわけですわ。
時代が時代だからというつもりはありませんが、長年経営してくると法の目をすり抜ける手段がチラチラ見えてくるようになります。
(堤アウトイン三ツ矢サイダーおいしいね!もそうですか?)
……。

と、とにかく、世の中の経営者は立て直しを図るために苦しい立場であるのは理解できます。
リストラ止む無しかの断行したり、でも残った社員には今以上にモラルを課すのも致し方ない現状に経営者は苦しむわけ。
切ったからといって業績が良くなるものでもなく、国の厳しい絞め付けに苦しむ事も現実にある。
結構、経営者側にしても労働者側にしてもキツイ立場に立たされているという点に変わりない。
それを現実として受け止めよう。

だけど、張り詰めた糸ってのは、些細な事でプツッと切れる。
そうなると怒涛の雪崩れ崩れ。
頭の切れる人間は人の心理をうまく突いてくる。
オレオレ詐欺はその典型的な例だが、今回の姉歯も心理という点に関して言えば同じと言えなくもない。
と言うより、国(国交省)のセーフティネットが機能していないか、その虚である弱点心理(仕組みの抜け穴)を突いたか どちらかだ。

責任を追及された時の受け答えからしても、逃げ場を用意して(責任のなすり付け合い)いるあたりに狡猾さが伺える。
当然、この責任には国も含まれるわけだが。
ただ、国の責任と言っても投入されるのは血税であります。
南側大臣には痛くも痒くもないです。
ポイントはこの部分なんです。
すべてを司る機関に務める人間には あまり関係がないのです。
それはおいおい追求していくとして。

そもそも不祥事が無くならないのは、仕方のない事かもしれません。
理由としては今の仕組みそのものに問題あるかな~とか。

ここで3者、国・企業・民間人の視点で 今の企業の労働を立場の低い人(課長以下)から見てみます。

国の言い分は、「企業は経営者も労働者も自助努力が足りない。だから不祥事が後を絶たないのだ。もっと自助努力が出来るように環境をわれわれは整備していく」
言い方を変えると「企業はもっと正社員を雇わんかいボケ!だけど、保証はしない自己責任!」

企業の言い分は、「正社員はコスト増になるので、やっぱ即戦の派遣やフリーターが理想!」

民間人の言い分、正社員、フリーター・ニートでやや違います。
正社員「正直窮窮!毎日16時間労働は当たり前。なのに給料は目減り。きびしいねぇ。」

フリーター「超時間拘束されるぐらいならフリーターの方がまだ気持ち的に楽だし、時間給あたりに換算すると正社員とそう変わらんね。ボーナスはないけどさ。」

ニート「今の労働環境に疑問を感じる。人格無視という既成概念にも似た感情がある。もう、なんか就職活動するのも無理だ。受からないのが分かってて受けるんだもん。単に傷口をえぐるだけ。ウソ八百並べてまで就職したくない。」など。

他にもあるけど、だいたいこう言う意見が多かった。

さて、不祥事を解消するキーポイントはどこにあるか。
加えて、今の労働環境を時代に沿うものにするとした場合のキーポイントはどこか?

ポイントは人それぞれ違うかもしれませんので、あえて触れません。

ちなみに、不祥事解消と労働環境を解消したからと言って、景気が良くなるかという問いにたいしてはお答えできませんが、少なくとも景気に関わらず、生きてる事が楽しいとか仕事が楽しいと思えるようにはなるかもしれません。

発想の転換という奴ですかね?
それで経済の底上げを狙うわけですが、不祥事を無くすと言う事は、
公正公平であることは言うまでもなく、また、不祥事をする事がバカらしくなる仕組みが必要なのです。
裏を返せば、現行はリスクが高かろうとも それに見合うだけのリターンがあるということです。
それらを縛り付けているのは内に潜む権力なのだと。

これらの問題を企業のモラルの問題という位置付けで捉えている以上、この先も不祥事はなくなりません。
改善命令だけならサルでも出来ます。

不況を作るきっかけは、日本国民だったとしても
先見の目を持った賢者たる政治屋様…ごめん、まちがえまちた。
政治くゎなにをすqwsでrftgyふじこ
……ようするにここまで溝を深める原因を作ったのは、政治家かなと思ってます。
4年前までは政治は関係ないと思っていたのですがね。
バブルに沸いていた頃は、政治に頼らずとも大丈夫という思いがあって、
そのせいで、政治が何をしようと知ったこっちゃないってのがあった…。
要するに政治に対する注意力がなかったって事ですかね。


んでは、アランオイアス~!
スポンサーサイト

テーマ:日本のルールとマナー、常識と非常識。 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/3-e080dc7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。