天と無智
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家は国民に寄付しないし、してはならないし求められても応じない事とヒラゾウは言う
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200512/gt2005121909.html

政治家が国民に寄与する場合は 大抵選挙前である事が多い。
また、マメな政治家ほど普段からそういう心構えにぬかりなし。

その行為が本心(政治家たる信念)からか 自身の政治生命(保身)からかは分かり難いが 大抵の場合は後者であろう。

そういう部分に対してヒラゾウ つまり 竹中何某と杉村太蔵氏と、あとタレントかなんかがどっかで撲滅キャンペーン運動をしたそうだ。

別段これといって取り上げるものでもない記事…なのだが、やっぱりパフォーマンス的に言うとひっかかりを感じるので少し。
(ちなみにヒラゾウと表記しているのは平蔵 太蔵から一文字ずつ拝借してつけた名だが、本来なら平太とすべきところだが、軽蔑の意味を込めてへりくだって平をヘイと表記しているに過ぎないのであしからず。)
なお、当サイトにおいてたまにわざと間違った表記をした名前に関しては軽蔑を含んだ呼び名である事をご了解頂きたい。
ブベとか高慢とか性不とか。ようするに嫌いなんだよ。


今回の撲滅キャンペーンは、意味があるのかないのかの判断以前に 政治家としては当たり前なんじゃないかなと思ったりもする。
誰かに擦り寄って票を得ようとする小賢しい政治家が多くなっているというのをどこか他人事とは思っていないからだろうか。

本来ならば、そういう賢しい知恵をめぐらす視野の狭い思考政治家に政治は務まらないわけだし支持もされるわけがない。
大局的かつ壮大な視野をターゲットに広く国民に分かりやすい説明が出来る人間は普通に人徳が備わり支持受けも良くなるものだ。

地盤固めに終始する政治家は政治屋たる所以といえよう。

なぜ、こんな当たり前のことを大々的かどうかはわからないが運動をするのか?
ひとつは政治家たるモラルの低下からか?
それとも竹中何某の時期権力の座を射止めるための前座か?
それは本人とそのまわりの人間にしかわからないが…。

この行為(キャンペーン)そのものは否定しないが腑に落ちない。
悪い意味に捉えると、目の前に困った人がいても見てみぬフリしろって言う見方ができてしまう。
「政治家だから職業上規制されてるからカンベンな!」

海外支援の為の募金・寄付は募っても 国内における重度の疾患者や臓器移植よる渡米にかかる費用の募金には手を差し伸べないのは道理としては通らない。
(まあ、出したら出したで自身の人気取りとして批判されるのがオチとも取れる。)
物事に対して邪推したり勘ぐったりするのは、普段の行いが悪いからといえるが、総じて政治という世界における人間すべてに対して対象下されるほどには今の政治が国民のためというよりも保身から来るものという見方の方が限りなく強い。

今回の運動事体も、政治家を代表しての運動からして竹中何某のパフォーマンスという感じが非常に強い。

もしもパフォーマンスでないとするのならば、この運動は効果としては薄く意味もない。場合によっては国民感情を逆撫でする行為ともいえる。
言ってる事が良く分からないが、パフォーマンスでしかないのならば別の意味で意味があるわけだ。
二点間から見れば、つまり政治家視点と国民視点で見た場合に、この運動に関する感想は対極化するわけだ。
国民からすれば、そんなの当たり前的に捉える場合と、何があっても国民には還元しないのか!って捉えるのがあり、
また 政治家からすると 余計なお世話でしかない。

もっとも そんなこと事体はたいした問題でもない事だがね。


俺的に申すと 竹中何某に対して杉村太蔵氏が ある事をずばっと突っ込んでほしかったと思う。
「政治家は政治献金を受け取らない、受け付けない!」と。

どっちかって言うとこっちの方が運動の意味においては効果的であるし、国民には理解されやすいと思うがね。
政治家がなぜにそんなに金が必要かというと、饅頭がどうしても必要なためにその資金が必要だからだ。
高級な饅頭ともなると これが高い高い。
政治の世界では習慣としてあるので大抵は暗黙だ。


今回の運動は、自身の気持ちとしては複雑なところである。
政治家自身の心情はどうでもいいのだが、悪い意味で国民に寄与しないという考えは政治家以前に人間としてどうなのだろうと思うし、
大局的に捉えた場合、地元の人間(域のかかった人間)だけに寄与する狭い視野の政治家運動は、一部では恩恵にあずかれるが 総じて恩恵具合は微々たるもので意味はなく、政治家の思惑に乗せられるのが関の山。
それに対して撲滅の意味は意味があるのかもしれないが、何某のパフォーマンスという思惑とも取れるし、国民に寄与しない(何があっても自己責任)と堂々と公言しているあたりからなんとも言えない複雑なものを感じる。

一言「政治家は政治資金を受け取らない!」って言ってくれればねぇ。
小賢しい政治家とは何某のことを差すのかもしれないなぁ。
どんなに撲滅キャンペーンを訴えようが意味はない。
そもそも訴える相手が違うだろといいたいし、政治の仕組みに問題があるとするのならば そこを変えなければ今後も無くならないとマジレスする。

ちなみに今回の構図は真鍋 ニート エールのそれと同じ。
まっ、どうでもいいような記事だったね。
(最近、更新してないなぁ。)
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/31-0c5a0368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。