天と無智
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルとアンリアルなゲーム性
ゲームの進化過程はずいぶんと落ち着いた感じがします。
というのもゲーム本体そのものの質よりもテレビが重要となりつつあるからです。
いくらゲーム機が進化しようが、それに見合うだけのテレビでなければ本領を発揮する事はかないません。音に関してもしかり。

D端子、ハイデフ対応型こそ 最近は割と一般的となりつつありますが…。

ゲーム機としての本質、ゲームそのものの進化はほとんどありません。

PS2から360やPS3への進化にさほどの驚きも感じません。
リアリティある映像・音声をと追求するのは良い事ですが、肝心要のゲームの本質はどうなのでしょうか?

ゲームは まだリアルを追求している途上です。-


ゲーム機がリアルを求める以上、開発する側もそれに沿う形でソフトをクリエイトするのは必然といえます。

現にメタルギアシリーズやGT(グランツー)シリーズはリアルさを常に追求している作品といえる。
片や周りが騒ぐ カプコン系に関してもリアルなゲームの世界だからこそなせるゲームがたくさんあります。が、なぜかこちらは世間が認めたがらないものばかりです。
GTAとやらはプレイした事がないのでなんとも言えませんが、いずれプレイする機会があれば 取り扱いたいと思います。

拙者は、表現規制擁護論者ではなく、むしろ自由な表現歓迎です。
CEROの年齢区分もいいですが、それ以上にオプションで自由に表現の設定が出来るぐらいでいいと思ったりもします。

それはさておき、国が…というよりも県や自治体、お偉方がゲームを悪者にするのならば、当然の事ながらゲーム機そのものにおける表現能力にもそろそろメスを入れる事こそ、必然なんじゃないかな。
残虐性・バイオレンス性・エロティックロマンの表現はイ神埼とか言う前にやる事はあるんじゃないか?
本来ならばクリエイターの想像性を壊す規制はむしろ人権侵害と言えなくもない。
クリエイターの想像性を縛るのではなく、ハードとしてのゲーム機能の抑制こそを縛る事の方が 世間でとやかく言われる悪態を封じるにはもってこいだと思うが。

現実的にはそれは不可能だが、そろそろハードの進化とともに日本人そのものが進化するべきなんじゃないかなーとか思う。

ゲームの進化に対して進化しきれない日本人。
それはある種のジレンマという形で阻んでいるのかもしれない。
ゲームのあり方のどこに重きを置くかだ。

日本は北米に比べて表現に規制がきびしい。

そういう事実を知らなければなんて事はないが、ネットが存在する以上は容易に情報を入手できてしまう。
ゲームを純粋に楽しむ者にとっては、些細な違いでも結構気になるものです。


GC版バイオハザードをプレイして、ハンターと呼ばれるBOWにクビカリを受けた時の表現がマイルドになっていた事が気になったので思った事。
世界観は初代に比べてリアルになったのに、なぜかリアルに徹しきらない表現が滑稽に感じる。

ジルプレイで2時間36分クリア。

結論から言うと、やっぱりバイオハザードでした。
次はインビジブル。


危険だ、ゲーム脳だと騒ぐわりには、大元を追及しないという点に関しては性不と同じ。
そう、リアリティのない改革ばかりでリアルさに関してはとんとルーズ。
関係ないけど、偽造耐震原因とニートは構図こそ同じである事が言える。
それは知り合いの受け売り。


byバイオ4は面白い。バイオ0はとってつけ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/33-2050c8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。