天と無智
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働意識シリーズ6-「手取り25万円の社員意識を変える」
新人や社歴2,3年の社員が社員意識なのは仕方ないが、10年たっても20年たっても相変わらず社員意識のままの人がいる。定年で会社を辞めるまで、ずっと個のままの人も少なくない。経営者の中には「それでいい」という人もいる。
労働者は兵隊である。兵隊は言われた事をきちんとやってくれれば、それ以上は望まない。みんなが経営者のように物を考えるようになったら、組織は統制がとれなくなると言う。この説には一理ある。
しかし人は機械や牛馬ではない。誰もが自分の能力を存分に発揮して幸福に生きる権利を有している。充実した人生を送りたいと思っている。
社員意識を脱することなく、人生を終わるのは、社員にとって不幸である。




今の世の中、人権がどうのこうのと主張したりする一方で、それと同時に人間を駒として扱うニーズが高まっている矛盾がある。

よく勘違いされるのが、フリーターやニートを尊重して 人権を擁護する上で本人の意思なのだと言いはる政治家や評論家もしくはマスゴミがいます。
だからと言って、本人らがフリーターを望んでいないというと否定も出来ない。
この部分からも社会に対する歪の現れと理解できる。

どういう事かというと。
単に人間としての当たり前の発言の意思表示。

喜怒哀楽の感情表現。
とくに大人ほど、とくに日本人ほどその感情が欠落した民族もめずらしい。
が、それはそれ。

とくに近年における部分でもっとも当たり前の声が聞かれなくなったのが少し怖い。
・良心に反する行為だ。
・しんどい。
・きつい。

仕事は楽なものじゃない。
だけど楽しいものなんじゃない?
それはものの考え方次第だ。

とは言え、モノ事の捉え方にも限度はある。
期待がひとつでも持てるなら耐える事も無理ではないが、なにひとつとて期待が持てない以上、その苦しみは半端無い。

政治家は金や権力があるから分からない。
公務員は基本的に国の後ろ盾がある立場上理解が進みにくい。

なんの後ろ盾を持たない民間企業・自営業者にとっては明日を予見する事は簡単な事じゃあない。
さらには、その元で働く従業員も明日はわが身と常に見えない恐怖と戦わねばならないプレッシャーがある。

実際にその当事者になれば分かる事だが、「なにかしら手はある」「なにかしら国から救いがあるだろう」という期待は抱かない方が良いという現実をつきつけられる事実はなによりも残酷。
それぐらい国ないし、政治家に期待ができようはずもない。
こうなったときの選択肢は3つ。
ひとつは善悪は別にして逆転の発想。
ひとつはクビをくくる。
ひとつは自暴自棄。

一つ目の逆転の発想はいわゆる不祥事が当てはまりやすい。
もっともこれらはいわゆる一流企業なり、国の支援や後押しもしくは政界の域のある企業が大半だ。
直接政界に関係せずとも起こる不祥事に関しても言ってみれば法の目をくぐる知恵物によるもの。
総括すると国の怠慢であろう事は当然のこと。
みなまでいうつもりはない。


それはともかくとして、時代のニーズに照らし合わせながらも人権を擁護する事は決して不可能とは言えない。
要するに自分の意思表示が可能であるならば、駒に成り下がるのも厭わないということだ。

意思表示が許されず、駒に成り下がるしかない 今の社会をどう解きほぐすかだ。JRの件、過剰労働に見る労働基準法という意味をなさない法律。
見なおすべき個所はすべて国元に原因がある。


今の耐震偽造も仕組みを見た上で、責任の所在を明らかにしなければ何も意味をなさない。なあなあのままでは、おなじ過ちを繰り返すだけである。
実際景気はなあなあのまま進んでいるわけで、その影響がどうでているか考えてみるとよい。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/44-d04e75c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。