天と無智
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政界の中のセーフティネット
経済諮問会議:「知事の退職金高すぎ」 首相が返上促す


27日の経済財政諮問会議で、小泉純一郎首相は「知事や市長の退職金が高すぎる。私も(退職金は)いらないから(知事や市長にも)あきらめてもらったらどうか」と、首長が率先して人件費削減に取り組むよう促した。

 同日の会議で公務員の人件費について、行政改革推進法案の削減策を確実に達成した上で、さらに2011年度以降も定員を純減させることなどを民間メンバーが提案したのを受けた発言。

 与謝野馨経済財政担当相は「小泉首相は、1期4年で知事は4000万円、市長は2000万円をもらったりするのは異常な水準だとの認識を示した」と説明。5年務めた小泉首相の「退職金」は658万円となる。【尾村洋介】

毎日新聞 2006年4月27日 20時41分 (最終更新時間 4月28日 1時28分)

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060428k0000m020099000c.html

退職金がいるだとかいらないだとか自身の身の上においての判断であるのならば疑問がある。
いらないならばいらないなりの理由があるはずです。
自分よりも多くもらっている人に働き掛けるにはちょいとばっかし勝手すぎるなぁ。

国民の代表として選ばれたのならば、
また退職金云々を含めて総合的に評価できる仕組みがあってしかるべきだと思う。
もらうもらわないというよりも、もらえるに値するか否かが重要であって、それを選ぶのもまた国民の義務として 政界におけるセーフティネットがなければ政治の世界は暴走を繰り返すだけだろう。

政界における不祥事は利権や特権を利用したものだ。
それを監視するのは国民の義務だが、たいていは事後だ。
違反を未然に防ぐことは不可能に近いこと。

宝塚の前市長もしかり、神戸の村岡何某もしかり。
理不尽な特権ゆえの落ち度。
政治家もたくさん下らん輩はいる。

一般人から見てこういうのってリスクとリターンが大抵つりあわない。
少なくとも優遇過ぎ得る特権がある。
非常識といってもいいかもしれない。それらほとんど全部税金。

国民自ら審判を下せるような仕組みがあれば、もう少しましな政治がセーフティとして働きそうなんだが。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/47-9d4bac14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。