天と無智
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「社会人基礎力」の内容
http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_06021401.cfm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060514-00000002-yom-pol

悪く捕らえさせてもらうと政府系特有の効果の薄い政策ではないでしょうか。

言ってはなんですが、何はなくとも一にも二にも労働環境の整備でしょう。
はっきりいって労働環境はかなり悪いです。
労働条件ははっきりいって厳しいです。

ニートを生み出した原因でもあり、少子化を加速させた原因でもあるのが労働に対する環境。つまり労働という当たり前の事に対するセーフティネットです。


端的に説明すると
議員・官僚・公務員にあってサラリーマンにないもの。
サラリーマンにあってフリーターにないもの。
さらに区分けすると議員になくて公務員にはあるもの。


一言で言えばセーフティネットです。

以下本文消失により(アップロードに失敗)すべて消えてしまいました。
残ったのは以下の駄文です。


言いたい事は分かるんだけど、こんな項目に何の意味があるのかなって。
足らない分は養えば自然と身につくというのは甘い考えなんだろうか?
はじめからこんな型にはめて育つとは考えにくいし、何を持って判断するのか判断材料がわからん。
やってることはつまり、算数○、国語ぺけ、体育□、図工☆に毛が生えたものなんだろうか。

物事を細分化してくれりゃ、物事の向き不向きへの一定の効果は期待できなくもないからこれはこれでいいんだけど、だから何?の領域を越えない。

突出した能力なんてトータルバランスの中で始めて気がつくものであったりして端から突出した才能だけを求めりゃ実はたいした事はないという事実にすらも気が付けないかもしれない。

才能なんて他人がとやかく言ってもはじまらんぜ。
で自分で見つけ出すと。
もっともそんなもんも土台がなければ、博打任せの一発勝負になりかねない。
あれがダメだからじゃあこっち状態はほんと中途半端な感じ。
とりあえず数うちゃ当たる作戦みたいな。

情報化社会とか指きたす、ユキビタス、ビキニズキ…あれ?
とにかく共有化社会だとかなんだとか言っている割には案外知りたいことはなかなか表に出てこない。

結局はおもいっくそダイビングで飛び込まなくちゃ分からないという事実。

上っ面だけの情報はやたらと飛び回っているが真相までは探れない。そのせいもあってやたらと憶測が飛び交う。
真実を語っても裏を読む。
キリがない?

そのせいもあってか疑心暗鬼になりすぎるのももはや現代病かもしんないけど、用心にこしたことはないともとれる。
この部分の考え方ひとつで勝ち負けを判断材料にされたりも多々ある。

もしも適正と思ってたこと事態 そして他人による判断で自身の考えではなかった上で気がついた時にどうフォローしてくれるのか気になる。
見方によっては判断材料が思考を鈍くする。

もっともそんなことを気にするなんてどうかしてますわ。
これを提案した本人だってポストだか宅配ねらいなんだからあんまり深く肩入れすることはないだろう。

まさかこれから退職する団塊にも適用するつもりなんだろうか?



物事の判断材料が乏しい中で、これはやってしかるべきだと思うのでいいんだけど、あまりに中身が抽象的すぎて意味がない。
これじゃ今までのPRと変わりがない。
「ぼくの得意技は早口カレーです。」みたいな自己分析レベル。適正レベル。

特化した人間を集めやすい基準を設けるためだろうが、変な見方をすればガンゴじじいの集まりみたいな傾向になるんじゃないか?
おれおれ詐欺集団とか。

じゃあ特徴のない人間はどうなるの?って話で特徴のない人間はそれなりに死んでくださいって事でいいかな。

まっ尻込みするだけの原因にしかならない。
「俺は早口カレーは得意だけど、かっけこと水泳は苦手なんだ」
と思い込んで尻込みする事はよくあること。


分析はいいんだけど、分析で終わり?
「あなたはとても早口カレーね。じゃあ主席で合格できるわ!」
「そんなぁ~。俺は薬剤師がいいんだって!」
「そんなのだめよ!だってあなた口が軽いんですもん。」

で、これって労働者側だけの視点なんだよね。
当たり前なんだけど経営者側には提言程度で自発的には薄い。
「こんどこんなん作るからよろしくね」程度。


で一番問題なんが、これ雇用のセーフティネットでもなんでもない。
これに漏れる奴は死ねって遠まわしの表現。
これは冗談だけど。


サイ像戦隊サイチャレンジャーらしいけどど、経営者サイドと労働者サイドとの隔たりみたいなものに対するてこ入れでもなんでもない。


ところでセーフティネットを考える上で、重要なテーマってイージーミステイク。
じゃなくてイージーオペレーション。
ようするに手軽さならぬ気軽さなんじゃないかな。


それと労働者って役割上は駒なんだよね。
現実に使い勝手の良さで買われることはたくさんだよねぇ。

自発的にならいいんだけど、政府推進なんてって言ったらたまんないよねぇ経営者にとっては。
人件費分はコストを減らすの精神は耐震偽装。

安い悪いを地でいくアホちゃん→
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060508i401.htm
さすがゆとり議員教育。

まあ時代柄、教科書持ってるから賢いというものでもないが。
でも、「や~い、教科書も買えない貧乏に~ん!」
「ねえ、かあちゃん。おいらにも教科書買ってよ~」
「バカいうんじゃねぇ。おめぇさこの広告の裏に友達さうつさせてもらえ」
という時代が来るのかな?(´・ω・`)

どうでもいいけど、3兆円払う金あるんなら教科書ぐらいけちんなって気がします。


話は戻って。駒。
駒にもいろいろあるけど、ポーン的な意味合いじゃなくてどっち買っていると桂馬とか金みたいな。
飛車角とまっすぐ進む香だったけ?な特殊な奴はおいておいて。
適材適所というの。
切って切られてダメージを被るのはどうだろうか。

2足三速のワラジエンジンは当たり前でひとつの企業で共倒れというのだけはごめんこうむると。
この15年でずいぶんと考え方が変わったですわ。
駒は労働に対する対価と考えていい。
そう思うほうが気持ち的にはすっきりとするし、冷静な分析ができるかな。


ようするにさ、気軽に働ける努力ができることと、きちんとした保証の確立が最重要項目なんだとおもう。

それはまた別の時にでも。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/48-185f0f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。