天と無智
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育履修問題と耐震偽装問題や鳥インフルエンザとかに見られる共通点
もっとも問題化した事例は御多聞に漏れず同じような傾向を指すようで、つまるところ学習能力を知らないということを露呈していると言えるとともに、同じような事例に対する処方箋を講じる術が活かされないのか活かす方法を知らないのかはわからないが、未来見ではない小生にも大体にして目に見えるものがある。
(ひとつには縦割り行政の弊害とも取れるが…なにをいまさら。)


今回の履修漏れも結局悪者探しに終始している所にあり、原因を探ろうという姿が見て取れないという点がひとつ。
政府サイドはさも責任は別のところだといわんばかりの態度が目立つ点。
当初救済には難色をしめした政府つか文科相の態度は、ゼロ(ゼロトレランス)対策の一環なのかなーという意味で、毅然とした文科省の態度に野次馬根性で冷ややかに見ていたけど、結局は救済処置に走るところはある意味で想定内。

どうもそこに政治的なきな臭ささえ漂う 今回の履修漏れ問題。もちろんいじめを含めた部分。

基本的に社会的に問題化した問題は、政治にとっては絶好のネタになりうる。
ようするに問題を小さい内に摘み取るよりは大きな社会問題となるほうが、改革!という言葉を投げかけるにはまさにうってつけなのだ。

「問題になった! だから改革を続行していかなければならない!」
「改革の手を止めてはならない!」

よく聞くスローガンだ。

当然といえば当然のことで、問題を解決するには改革するしかなく、手を止めていても解決には至らないが、問題なのは問題が小さな芽の内ではなく大きな木になってから行う傾向にあるということだ。
この辺は政府与党の得意とするところだろう。
小さな芽を木に…っていうあたりは。


極端な話、政治にとって改革するものがなくなればその存在意義そのものが危ぶまれる。
極論を言うと、そういう状況になってはじめて効率的かつ小さな政府の実現とも取れる。

コトワリの念を持つ人間やカリスマのある人徳のある人間はいつの時代にも必要だ。
それ自体は無意味ではなく絶対に必要とするところ。たとえ、改革というものがなくともなくてはならない存在である。


教育基本法とやらの議論が活発だが、正直なところ小生にはいまいちピンと来ない改革議論だと思う。ほかに優先的にするべき改革はあるじゃないかっていう気がする。
正直、教育基本法とやらはわからない。
何のための教育か?
社会や地球規模での教育なのか。
それとも自己のための教育なのか。
簡単そうでむずかしい問題だが。
そこんところがいまいちはっきりしない。


というのが実はキモで、関心の度合いを高めるために故意に問題を露呈させたという風な見方もしている。
少なくとも いじめ 履修不足 教育の意味 という事柄は充分すぎるほど、世論に訴えかけるにはインパクト大である。
それをない交ぜにしての教育基本法であること。

教育基本法の隠れ蓑として利用されて曖昧な議論のまま教育法が成立して終わるのか、きちんと今回の事柄を踏まえて改善されるのかは小生にはわかりません。


最初に題目として挙げた問題とはかけ離れたけど、問題が問題化して誰かが自殺するまでの経過具合はデジャブを見ているようで怖い。
鳥インフルエンザの時もそうだし、たすか耐震偽装のときもそうだ。
今回でもどこかの高校の校長が犠牲になったそうだし。

農林水産
国土交通
文部科学

何かあった後、事後的に政府与党が打診して救済処置を講じ、場合によっては改革の争点とし、場合によってはお蔵入りするケースは決して珍しくない。

意図しようとしまいと、対立的構図(野党等)を作り出すのも計算の内で、長い間の馴れ合いから来る極めて高度(珍妙?)な駆け引きでもって国民を巻き込む政治ぐるみの隠蔽工作という見方もできてしまう今の日本はいとおかし。
(故意に対立軸を作るというのはある意味で危険な駆け引きであり、それは賞賛に値するところではあるが…単なるエゴというかわがままというか。正直どうでも良い問題の方が多い気がする。)


政治の世界にとっては、事前の解決策を講じるよりは事後的に解決策を講じる方が改革の壮大感やインパクトや存在感で圧倒的に上なのだろう。

年金・社会保障問題、ニート・フリーター・派遣雇用の問題などなどつまるところ格差社会におけるさまざまな問題。
これらはもっと大きな木になるまでお預けのようです。


(本来ならば、事の重要性を考えるならば雇用が先に来るでしょう。
理由はすべての根幹である支える側・引っ張っていく側である労働に対する安定したシステムの構築の上ですべてが成り立つものである。
要するに労働環境の低下はいわずと知れた社会保障だけではなく日本という国の信頼低下という事態すらも招きます。
社会保障や年金を考える上では前提条件として雇用・労働にメスを入れなくてはなりません。
しかし、おそらくは年金・社会保障が前頭に立っての議論が予想されます。理由は圧倒的多数の年配層の支持取り込みを狙っての事です。
まあ、年配といってもどこまでを指すかは不明瞭ですが、年金や社会保障に敏感な人間全員が該当するかな。何はなくとも今の政権を維持する事を目的とした政党の考えとしてはあながち間違いとはいえないでしょうよ。
ニート・フリーター問題は場合によっては外国人労働者でオールOK的な目論見があるでしょう。そこはアメリ米追従ということで。それ以外は自助努力不足ですとすれば万事OK。政府見解より)という風に見ています。考えすぎかしら?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/52-684528b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。