天と無智
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持たないけど議論は大事ですか(´・ω・`)?
持たないことが100%の…覆ない常識・当たり前だという前提の上に成り立つ議論って何だろうか。
というか成り立つのか?

何の話かっていうのはおいておくとして、ひどく子供っぽい まるでないものねだりみたいだ。

対抗策としての選択肢として正しいか否かは別にして そういうのも答えのひとつであるのはたしかである。
ただ、そういう選択肢は本当の際にまで立った時の事で、そういう事態を想定しての考えなのか だとしたら際になってから議論を講じても遅いので そういう意味では悪いタイミングではない。

保有(予定調和)のための段取りとの算段とすら取れる。

最悪の事態を想定するよりも、意図して最悪(?)の事態に持っていく事の方が戦略的には都合がいい。
ただ、それとてどんなメリットがあるのかはわからない。
強い国を演じるためなのか、単なる権力者のエゴなのか、戦争を道具に金儲けなのかわからない。

牽制や抑止のために保有を考えるのならば、それは典型的な愚か者だー。
簡単に言えば負の連鎖しか招かない。

被爆国だからといって必ずしもそこに住む人間すべてが保有を認めないとは限らないのは闘争本能ある生物ゆえの性かね。
なまじ権力を持つとその使い道を誤ったとして不思議ではないのだ。
まあ、何をもって誤りと取るかは人それぞれだが、核保有に関して言うなれば、保有うんぬんを問う前にやるべきことはあるのだ。
核をもって核を相殺することはできない…と思う。
それよりも、いざというときの防衛手段として効果のありそうな徹底したガードの防衛手段を講じた方がはるかにましだ。
たとえばシェルターとかブロッキングとかな。(おっ!)

それよりも相手にとって得とならないという説得を続ける方が効果的。
無論言うまでもないことだが、力なき正義も正義なき力も無能に変わりはなく。
その点でいくと日本はどうなのだろうかということ。
両方ともなければ救いようがない。


戦争の悲惨さとやらは直接は知らない。が、間接的には知っている。
生の戦争とは比較にならないだろうが、それでも悲惨さというのを知ろうと思えば腐るほど転がっているもの。
(言葉に重みが伴わないけど)


要するにロクな事がないってことだ。



日本人の感情からすれば保有するなんてありえないだろうし、もってもロクな事がないのは火を見るより明らかだけど、政治的観点から見て保有論はそういうもんかなーと。
持ちたいと思うのは力量を試したいという裏返しとも取れるし、まあ理屈じゃない。
わざと対立を作って反発を煽って問題や関心事をでかくして世論をまきこんでいつのまにか法案成立ってな図式ができるような感じがしなくもない。
まあ、ほかの法案はともかく核保有まではないかなー。とも言い切れない?

来年の選挙の争点のひとつになるかなー?
核不要論が持ち上がれば保有論者を切り捨てればいいだけだし、保有意識が高まればそれを踏み絵にして党の忠義をたしかめたりとかなんとか。

はぁ~やんなっちゃう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/53-69c1cc03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。