天と無智
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金廃止の流れの中で新たな真粘菌
年金100年安心なんてどこの誰がほざかれたかご存知ありませんが、ようするに負担率99.9999999%・給付率0.0000001%までは年金としての機能を果たす事は理論上では可能なことだ。
政府与党の考えを突き詰めればそういっているのと変わりがない。

極端だけど、心情を無視してでも策定させれば100年だろうが200年だろうが持つだろう。
300年後はアメリカ極東支部でマジンガーZがグルンガスト二式と模擬うぉあな、なにをすくぇdrftgyふじこ。

現実的には意味がない。
今の負担増加傾向に対する最低給付率50%とする今の年金制度でも現実的には無意味だ。
理由は自分の胸に聞け!

たぶん、今の年金制度は現状においては適切で現実的な範囲内だろうという見方ができる。
にも関わらず不安視する理由はなんだろうか?

少子化の影響があるからか?
社会保険庁(アホ庁)不信からか?
どっちも?

実はどっちも結果そうなっただけだったりする。

社会保険庁では年金不信を回復させることは120%無理な話だ。
だけど、社会保険庁以外でも無理な話だ。
ようするにそもそも無理な話だ。

極端な話、社会保険庁が悪いとはいえない話。
欠陥品を与えられて、それを軸にして売り上げを向上させろという強制に対してどう判断を下せばよいのか、おのずと見えてくるのではないだろうか。

「鉄筋を相当量減らせ」というプレッシャーに対するひとつの答え。

「負担増に対する給付減」加えて予想外の「超少子化隠蔽政策」という軸を基にして納付率を向上させろという事に対するひとつの答え。

現行制度上では不可抗力かもしれないこれらの偽装事件。

むしろ人の取るべき行動の大半がこういう結末になるのかもしれないという点を踏まえた場合、……ふ、ふじこ。

実際に、社会保険庁の不祥事なんかはひどいものがあるが、それとて事後的に発覚したものばかりだ。
耐震偽装にしても事後的に耐震のそれとは違う形で違法性が発覚しての立件というのが目立つ。

前者はお役所・後者は民間なわけだが、あー、もういいや。



公務員年金:公的年金と切り離した新年金を 人事院見解

年金は年金だから年金は年金なのだ。

正直なところ、公務員とサラリーマンの違いが分からん。
厳密には意識の違いを指す。
つまりー、向上という意味においての違いはないと思う。
「職域」だか「聖域」だか知らんがそんなものは時代錯誤も甚だしいというのが見解。

金銭的な「儲け」か市民「サービス」かの違いはあれど、根底に潜む目指すものに違いはなく結果としては国をよりよい方向性へとなる。
国を儲けさせることが結果として不幸か幸か、本位か不本意か分からんが。

どうして そういうことを考えるのかに至っては、どこかしらに国に対する不信感がぬぐえないからであろう。
人を疑うことを学んだのはこの社会だ。
ゆえにその疑いをばら撒いているのはほかでもない国であると。

さっき言った職域に対して時代錯誤と言ったのは官僚であったり、政治家・政府を総して指す。

不信・不信・不信・不信・不信。不祥事・不祥事・不条理。
元を正せばそういうことなのだろう。


モラルに任せるほど人間は強くはないという現実の現実論を精神論として破棄する理由は都合が悪いという事なのだろう。
ようするに現実を見ていないのだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/60-3c214abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。