天と無智
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価する術
よくある世論調査は判断の基準とはなりえないのは規模の小ささにある。
そんなものより株があれば判断の目安としては確実だろうに。

仮に株式会社政府という企業があった場合、株の推移はどうだろうか?

中長期的に見てもおそらくは暴落するだろうというのは目に見えている。

それと同じように各政党に対する株取引・運用が可能だとした場合、おそらく自民は伸びるし、民主は未知数。
ただ、この両者の関係は天秤と同じでどちらかが伸びればどちらかが落ちる。

政府は駄目=政党は駄目だとはならないのが、現状の問題を物語っているという意味においてはさもありき。

政党は投機ねらいであること。
政府は投資ねらいであること。

結局は株式会社指標としての政府はカスに近いと。
政党は目先の欲に駆られる意味で、将来的な展望を指す意味にないということ。
政治はともかくとして政党と呼ばれる集合体は烏合かどうかはともかくとして えてして評価しづらいものであるということだ。

ビジョンが見えないという理由もあるし、いわゆる権力の中枢につきものの甘み疑惑。
何よりも政治に対する意思表示がない・もしくは曖昧なのだ。
選挙はかならずしも意思表示とはなりえない。

汚い言葉かもしれないが、精神的な事ではなくもっと具体的な何かをぶら下げる必要があるのと、特権的な意味をすべて取り払う必要性を説く。
ようするに金なのだが。

選挙に必要なのは実は金。
投票に行くだけならタダなのだ。(選挙に掛かる費用などの税金はこの際無視)
選挙民にとって投票は会場に行くだけの浪費分だけ払えばいい。
それはたしかに意思表示ではあるが具現性にかける。

タダじゃんという感覚ほど怖いものはない。

票じた結果が吉か凶かに関係なく、当選した人間には とりあえずは特権がつくわけだが、それは諸氏のあずかりしらぬところだが、確実に金が掛かっているわけだ。
いわば、先行投資にあたるわけだが…。


当選したら当選しっぱなしというのが今のというか既存の民主主義社会の欠点ではあるが、それ自体が欠点かどうかというのはひとそれぞれだ。
特権があることで本来の職務を逸脱するケースは多々あることから考えても普通に欠点といわざるをえず、それをモラルに依存するほど人間はえらくはない。
また、わざとこういうケースを残したのは今も昔もだが、言ってみれば落ち度である。

民主主義 アメリ米方式の仕組みを取り入れた段階からすでに始まっていたことだろうし。
薩長閥に固められた新政府時からすでに、坂本竜馬が暗殺された時から決まっていたようなものなのかもしれないのもまた事実。


基本的に評価に対する対をなすのは、一対多である。

国であるところの民。

それと同様に教育現場における先生の評価を決めるのは教育委員でも教育長でも校長でもない。
選ぶことは正しくても評価の後付はそこで学びうる生徒であること。

先生の資質を育むのも生徒であること。
生徒に受け入れられない先生が淘汰するのはそれは先生の努力不足だということ。
生で教育現場を見ていない教育委員会が口を挟む問題ではないのだ。


もっとも、これを成立させるためには、子供つまりは生徒側に大人と同じだけの権限があるということは忘れずに。
学ぶ機会はいくつでもあるということ。
学ぶタイミングはかならずしも唯一無二ではない。
学ぶ・学ばないの取捨選択を選ぶという行為そのものが教育上だけではなく生きるうえで大事な意思の介在であること。

強制できるほど高みに立っていない国がどうこう決めようとしている時点ですでに破綻しているのかもしれない。


国が資質を高めようとすればするほど、逆に資質が低くなるという逆説は過言ではないのかもしれない今日20年前。

学ぶということに権力や不尽が付きまとうその精神体を拭い去るというところから物事は始まる。
100%は無理でも、極力突き詰めていけばさほど難しい事でもないのかもしれない。

常識的範囲内とリスクとリターンである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/64-adc720b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。