天と無智
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム機の行く末と政治の行く末
家庭と業務用とで歴然たる性能差を誇っていた80年代、90年代は、家庭用に望むものは業務用に劣らない高性能。

いつしか業務用と肩を並べるまでに成長した家庭用は、高画質・高音質・極限までの高性能を追求するようになったと。

次世代機の登場でほぼそれらの追求を満たすまでにはなったとは思うが、そこまでに達する過程においてほぼこれらの条件は満たされるだけの性能は勝ち得ていたように思う。

新ハードが出るたびに思える驚きが今回に限ってはないのが最初の印象です。
プレイステーション3の路線は王道なまでに、これまでの路線(高画質・高音質・スーパーなイメージ)を踏襲しています。

プレイステーション2が出た当時は、初代PSとの性能の違いを感じる事もはっきりあったし、何よりもDVDという媒体が功を奏した利点があった。

PS3は見切り発車というか、先行イメージがかなり強くPCエンジンに近いイメージを受ける。

出たばかりということもあって、割高なイメージはあるが、決して高いともいえないが、こう うならせるほどのインパクトは感じない。
それは、やっぱり現行ハードのPS2で充分だという印象があるからだろうか。
つまり、PS3の性能を活かしたソフトウェアの不在が上がるが、それとて今後解消されるだろう。という見方は出来る。

今後、仮にそれに見合うソフトウェアが出たとして飛びつくかと申しますとかなり分かりませんです。
性能的に他ハードへの移植の可否という風に考えた場合に、はたして移植は無理なのかという点がある。
多少なりとも質を落としても充分再現できうるならば、なにもそのハードにこだわる必要はない。
そのハードにしか出来ない何かがなければ、その意味合いも意義も薄れるのではなかろうか。

ニンテンドーゲームキューブでしか移植できないといわれたバイオハザード4すらもあっさりではないのかもしれないが、PS2に移植されたのだ。
この両者のハードに決定的な違いはない。
これまでのコンシューマー型ハードの特徴通りの仕様である。

PS3は既存ハードの延長線上に位置する。
が、大抵の場合、クリエイターが望む事のほとんどは一世代前のつまり、PS2やGC、XBOXなどで再現が可能なのだと。思われる。
これ以上はもはや美への追求やこだわりのレベルなのかもしれない。


次世代機の登場により、常々感じていた現行機への不満は今回に限ってはほとんど感じることがない。
ソフトウェアの不在もあるが、何よりもハードに対して魅力を感じないのだ。

この理由は、やはり更なる映像美への追求路線や音質路線に対して軽い消化不良を起こしているからかもしれない。

この基本コンセプトは今までの日本経済が追求してきたものに由来される箇所に相当している気がしてならないが、そこに一石を投じたのがニンテンドーWiiのような感じがする。

時代は少子高齢化という転換期である。
現行のコンシューマー機の性能の頭打ち。つまりは転換する時。
というコンセプトがあるように感じるWiiは童心に帰るようなワクワク感を覚える。
発表当初は終わったなーとか思っていた印象も詳細が出てくるにつれて伸びてくるなーという印象に変わったね。


それと既存の固定観念をぶち壊してくれたドラゴンクエスト9のニンテンドーDSは時代の移ろいを感じさせなくもない。

ゲームの面白さ自体は映像や音質によって決まるわけではなくて、その中身によって決まる。
さも、当たり前の事ではあるが、スペック的に満足の行かなかった時代にはやはり、その言い分は通用しないのである。
が、行き着くところまで行き着いた今となっては、こういう原点回帰する節に純粋なゲームの楽しさというのを垣間見せてくれているようでなんかよさげだ。

今回の…というか、携帯型ゲーム機事情から、すでにソニーと任天堂とではアプローチに違いがあったわけだから、今回のコンシューマ型はその携帯型を踏襲しての事だろうけど、なんとなく任天堂が明るいような気がする。

言いたいことはそういうことじゃなくて、本質的な部分で日本国内に限って言えば、ソニーはグローバル的、任天堂は日本的と。
ゲームといえば、今や日本やアメリカ・欧州だけではなく韓国なんかでもだ。(あんまり、海外勢は知らないけど)
日本の市場での開拓が縮小している傾向から、どちらかといえば、海外を意識した作品が目立っていた傾向がある。
そんな中で、任天堂系はなんか日本人を意識しているようなところがなんかいいです。



ところで、今の政治をゲーム機に例えるとPC-FXとかレーザーアクティヴとかバーチャルボインあqwせdrftgyふじk…なんでもない。
訂正してバーチャルボーイとかSG-1000(セガ)とかあとはプレイディアとか。路線こそ高性能・高機能を歌いますけどってな感じ。

決してこれらのゲーム機を悪い意味で言っているのではなくて、時代の流れに乗れなかったという意味でです。

例えば、生活保護という話
今日付けの神戸新聞から
生活保護、壁は窓口 弱者の命綱、抑制の動き?

これはつまるところ、政府調に言わせてもらうと、「景気が良いので該当者はゼロで、生活保護なんてアリエナァ~イ」とする意見書みたいな。
政府の言い分としたのならば、これは妥当といえる判断ですし、時代の流れに沿うものだといえなくもない。
ただ、視点がグローバルスタンダード(別名:足元がお留守ですよ視点)な見方か、日本的見方かによってえらい違いを感じます。

受給資格を要しながら申請が下りないというのは論外ではありますが、基準が曖昧なのも要因のひとつでしょう。
そもそもにおいて、雇用や労働の不安定化が助長しているのも一因である事からしても、真っ先に取り組むべき事は分かっていそうなものですが…。

そもそもこんなくだらないトラブルを引き起こす時点で、端から何も考えもなしにという印象がある。
何が下らない?
生活保護増加?
抑制?
行政の対応?
国の動き?

さあ、それは分からない。


政府筋が正しいとはクラミジアほどにも思っていないので、鵜呑みにすると先の時代の波に乗り切れなかったハードと結末は同じになりかねないと。

国が黙認しているといってしまえばそれまででしょうけど、どうなのかなと。
だれも好き好んで生活保護にはなりたくはないだろうと。
とどのつまり、申請するということは意思であり、その意思を汲むのではなく摘むということがどういうことなのか。
この事と65歳まで~という定義は同じ事で、役所や国が決め付けるものでは基本的にはないということだ。

ハードは出しても維持しつづける事は難しい。
特に時流に乗るタイミングは相当なものだろう。
つまり、ハード側とソフト側との意思疎通は当然のことだが、それを支える側であるユーザーの意を汲むことも大事なのである。

それが政治や行政において出来ない理由は、いわゆる縦に割ってしまうからなのだろう。
いわゆるカセットやCD・DVDは縦に割ると読めなくなってしまうので普通の人はそんなことはしないのである。
ディスクシステムのフロッピーの磁気部分を触りまくって仮面ライダーBLACKが出来なくなった話とはまた別であるが。

国と経済界との意思疎通も結構あやふやだが、一部都合の良いところでの取引はある。
が、肝心のユーザーの意はほとんど反映されない事実。

基本的にはユーザー側はゲーム機を選ぶ特権があるが、事国内経済(政治)事情に関して言えば、ユーザー側に選ぶ権利がないのである。
唯一賛成・反対の二者択一だが…大抵は強制賛成なんだろう。
似非民主主義の弊害なのかもしれないが。

こういう生活保護とかの話を含めたものは別の機会にでも。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/66-9ef25141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プレイディア---ゲーム機

プレイディアプレイディア (Playdia) は1994年にバンダイより発売されたゲーム機。バンダイ自身はゲーム機ではなく『CD-ROMプレイヤー』と称していた。定価24,800円。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- ゲーム機マニア【2007/02/14 00:47】

ソニーピンチ?ソフト会社がSCEから任天堂に鞍替え続々?

TVゲーム最大のヒットシリーズ9作目「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が、ソニー鐔ゥ灰鵐團紂璽織┘鵐織謄ぅ鵐瓮鵐?SCE)の「 PS3 」陣営を離脱、任天堂の携帯型ゲーム機鐔 ニンテンドーDS 」専用として07年に発売されることになった。「これを機に、ゲームメーカーは雪崩 お得情報ドットコム【2006/12/14 01:15】

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。