天と無智
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境に対する取り組み通勤編 -還元税-
今年は、クールだとかウォームなんとかが流行して、たしかに環境に対する保全に一役かったのは間違いないわね。
ついでに経済効果があったみたいだけど。

腰の重い政府でも、国民を欺く事が好きな政府でも こればっかりは、世界の取り決めだから放置するわけにもいかず、結構躍起って感じがする。
といっても、これを抜本的な改革なんて呼べるはずもなく、国民が意識して取り組んでいるにすぎない事実もある。

「涼しい服着て、設定温度を高めましょう!」という呼びかけに過ぎないわけで、京都議定書で策定されたCO2削減の抜本的な改革にはほど遠い。
CO2の原因として占める割合の多いのが車です。
最近はハイブリッドとかエコロジー車が出ていますが、普及台数ではまだまだでございますですわ。
羽振りが良かったバブリーな時代には一家一台ぐらいだったのが、バブレ敗れになってから経済が深刻化する当たりの頃には一人一台という感じに普及してました。
それに伴いCO2は激増。

日本中至るところで渋滞、渋滞、渋滞のラッシュ。
車の普及に反して公共の乗り物やタクシーを利用する人は年々減っています。

特にタクシー業界は規制緩和もてつだって、!(゚д゚)ウボォァーな状況です。

通勤時にも車を利用する人は年々増えています。
仮にこれらの通勤時の自家用車を規制できたとした場合、年間にしても相当なCO2削減に貢献できると思います。


具体的にどうと言う前に、今の交通機関の状況を調べる必要がありますね。
とは言っても、地域によってばらつきがあるので これだというたしかな情報はありません。
一般的に交通事情の悪い田舎は置いておくとして、交通事情が一応ある都会をベースに考えてみるとして、例えば 自宅から勤務先までにかかる交通費を計算した場合、公共の乗り物を利用するよりも車を利用した方が安くついたりする場合があります。今はガソリン高騰もあるので一概には言えませんが、そういうケースもあります。無論、その逆もしかりです。

政府がもしも環境税を導入した場合、環境税をガソリンにのみかけず、その内通勤時のマイカー出勤にも税金をかけてくる可能性があります。
言い分としては「公共の乗り物を利用できるにも関わらず車を利用するのだから課税の対象にするのは当然だ!」と。
取れる所から取る原理としては、この考えは必然であると言えるわね。


私が言いたいのはそういう事じゃなくて、物の考えようによっては逆転の可能性も秘めていると言いたいわけです。

今、大抵の企業は交通費を支給してくれます。
全額であったり半額であったりしますが、徒歩に限っては支給されません。
私が公務員の仕事をしていた時も 近所の学校まで電車で通うのも徒歩で通うのも時間的な差はほとんどなく、通勤費をちょろまかす事も可能でしたが、バカ正直に徒歩と言ったので支給されませんでした。
この場合、バイクなり車を利用した方が明らかに効率的なのでしょう。当然使用した場合、全額通勤費が下りたはずです。


主観的な見方からして、環境にやさしい乗り物順を考えた場合、
徒歩を除いて、公共の乗り物が一番環境にやさしく、自家用車が一番環境に悪いと判断できます。

どうあっても、環境を考えるなら、自家用車を控える運動…
つまり、自家用車を利用したくない仕組みを作れば良いのです。
意識的に公共の方に目を向けさせるわけですが、現行政府が行うような安易な理由で検討する増税策には反対なわけです。
そうしない為には、当然、自家用車にのみ着目しないで、交通機関すべてに着目する必要があります。まあ、これは改革の常套手段でありますが。

具体的には割合の問題です。
車にかかる通勤費を1とした場合、公共利用にかかる負担は75%ぐらいが妥当かと思います。
500円かかる通勤費が公共だと375円です。この微妙なさじ加減がポイントなわけです。混雑する通勤ラッシュを嫌う人間なら500円出してでも車を利用するでしょう。その逆もあります。
モロに自己判断が要求されるバランスだと思うがいかがでしょうか?

車と公共の乗り物、両方を利用できる人間に対しての選択権なんですが、効果の方は未知数です。
けど、こうする事で余計な渋滞を緩和できる可能性もあるわけです。
公共の場合は、遅延が認められるアドバンテージも残してあるので、状況的にはイーブンパーな関係が築けそうですが。

当然の事ながら、車にかかる1にはマイカー通勤税は含んでいます。


もうひとつ、短距離通勤者の場合において、導入すると面白いのが還元税。
徒歩や自転車で行ける距離にもかかわらず車やバイクを利用する人はたくさんいます。
この部分でも環境分ちょっと損している気がします。
そこで、徒歩や自転車を利用する人には、環境税という形で交通費を補填するのも面白いのではないでしょうか?
私はこれを 還元税 と呼んでいます。
税金というのは取るだけではなく、直接還元しても良いと思うのですが。
税金に対するイメージの払拭だけではなく、その意味も示してくれるかもしれません。

環境にも良い、健康にも良い、さらに還元されるとなると一石山頂ですわ。

ちなみに、これも通常の通勤費とのバランスを兼ねると
車が1とした場合において、還元税による還元率は10~25%が妥当だと思います。すずめほどのお金が良い訳ですよ。多すぎてはだめ。

徒歩の通勤費が下りなければ 必然的に乗り物を利用したくなるのは、日本人がひ弱になったからだと噂されますが。

給付とバランス。
リスクとリターンは釣り合ってこそ、均衡を守ってこそうまく行くものです。

政府みたいに、考えもなしに、なあなあで行けば反発も生まれ、
クソの肥やしにもなりゃしないわけですわ。

本当に環境を考えるならば、安易な増税策よりも人に充分な選択権を残せるような面白い仕組みを求めたいわね。
もっとも今の政府税調とかに求めても無駄のようね。
あーあ、がっかり。

一応言っておくけど、通勤一辺倒で見たから、その背景にある交通機関の話は含んでません。それはおいおい…。

byね子のトロロイモ
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aranoyascobra.blog33.fc2.com/tb.php/7-e4c277a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

界援隊:SINNI(シンイ)

Author:界援隊:SINNI(シンイ)
勝ちと負けの関係と 上から見下(オロ・クダ)す視点と 下から見上げる視点は似ていると思う。
二者間から良い関係など生まれようはずもなく、それを擬似的にごまかす風潮があるのが今の日本の特徴と言える。
合理に則して3すくみ+α程度の関係が望ましいと思う今日この頃。

この考えも∞にある答えのひとつであり、答えにもならない答えであること。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。